読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽履歴書 part1

中学時代から音楽には興味があって、小さいスピーカー付きギターを買って貰ったり、音楽室にあるドラムを適当に叩いたり。

 

でも、一学年18人の小さな学校だったので、バンドを組んだりは出来ずに高校入学。

 

そこそこ大人数の高校だったので、バンドをしたくて、バンド雑誌を教室で読んでいる所を声をかけられ、念願のバンド結成。

 

そこで、お前は目立たないタイプだからベースね、と言われたのがベース人生の始まり。

 

J-POPや、日本のバンドのコピーやりつつ、一人で練習するのはJ-フュージョン、チョッパーバキバキ。

 

でもアドリブがわからなくて、ジャズを理解したいと短大入学後、ビッグバンドサークルに入りウッドベースを始め、こりゃ基礎からやらないと弾けないわ、ということでレッスンに通う。

 

そこでようやく楽譜を読む練習をし、もっと突き詰めたいが為に音大に入ることを目指し入学。

 

年下の同級生や、優秀な先輩後輩に揉まれ、充実した日々。

 

4年生の時、1年生で入ってきた小笠原拓海氏(現山下達郎バックバンドメンバー)の誘いにより、川嶋あいのバックバンドに加入。

 

その後、様々なアーティストやレコーディング、テレビ、ラジオでベースを弾く。